Raspberry Pi Audio Cookbook #5

0 comments

Posted on 14th 6月 2017 by admin in Raspberry Pi Audio Cookbook |Tips


Raspberry Pi Audio 再生編

1.Volumio2で音楽を再生する

前回でVolumio2のインストールまで進みました。みなさんは早速いろいろ試されているのではないでしょうか?

今回は、Volumio2を使って音楽を再生させてみましょう。
ここからは、ネットワークオーディオトランスポート「RAL-NWT01」と「RAL-KCM3MB1」共通のブログです。

1-1. Volumio2の起動

まずVolumio2を起動させます。RAL-NWT01をお使いの方は、ACアダプター、LANをご自宅のネットワーク環境に接続し、USBケーブルをお手持ちのUSB-DACと接続させてください。 RAL-KCM3MB01をお使いの方は、同じように電源、LAN、USBケーブルでUSB-DACと接続をおこなってください。

サンプルとして最小構成の図をご紹介します。

最小接続構成図

セッティングがおわれば、いよいよ本体の電源を入れてみましょう。

Volumio2初回起動時はファイルシステムの構築をおこないます。そのため3~5分ほど起動に時間がかかります。以降起動時には約1分ほどで起動します。

Volumio2が起動すれば、パソコンまたはタブレットやスマートフォンを使ってVolumio2を呼び出します。
Webブラウザを起動し、URLアドレス バーに「 http://Volumio.local 」と、入力します。

ご注意)
アドレス入力時「http://」を省略してしまうと、ブラウザでは「volumio」をWEB検索してしまうため、ローカル上のVolumioが表示されません。必ず「http://volumio.local」と入力してください。

ここで、2つのパターンに分かれます。

1. そのまま Volumioのトップ画面が表示された方。
2. アクセスできないまたは表示できないとブラウザに拒否された方。

Volumio2が表示されている方は、1-1-1. の項目はとばしてかまいません。
うまく見えない方はぜひお読みください。


1-1-1. http://Volumio.local を入力したのに見えない!なぜ?

じつはこの「http://volumio.local」は “ホストネーム” と呼ばれるものです。
アクセスを拒否された方はおそらくWindowsユーザーではないでしょうか?

Windowsには MacやNIX系のような サービスホストの発行・検索をおこなうサービスが含まれていないため、そのままでは見つけられないのです。Macでは標準的なサービスなので、Macユーザーであればホストネーム問題は発生しません。
※Windows10ではmDNS(Multicast DNS)サービスが追加になりましたがそのままでは使えません。
設定が必要ですがここでは割愛します。

では、Windowsでそれらを簡単にしてくれる仕組みは?というと “Bonjour” と呼ばれるサービスがそれにあたります。
そして、それはとても身近なアプリケーションが解決してくれます。

そう「iTunes」です。

Bonjourはアップル社のサービスなので、Windows用のiTunesをインストールすると、自動的にBonjourがインストールされます。
ただし、iTunesもインストールされてしまうので、Bonjourだけが必要な方は、Bonjour Print Serviceを使うとよいでしょう。

▼ iTunes for Windows ▼
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

▼ Bonjour Print Service ▼
https://support.apple.com/kb/DL999?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

Bonjourのインストールが終わればパソコンを再起動し、あらためてWebブラウザを起動してURLアドレスバーに「http://Volumio.local」と、入力します。

Volumio2 トップ画面

Webブラウザの画面に上記のような画面が表示されれば接続成功です。


1-2. Volumio2のオーディオ出力

それでは、実際に音を出してみましょう。
その前に、初めて起動した場合は出力先の設定が必要ですので、ここで設定しておきます。

Volumio2のトップ画面から右上の のマーク(以降:メニューボタン)をクリックし「プレイバックオプション」を選択します。

Volumio2 トップ画面から「プレイバックオプション」を選択

プレバックオプションの画面が表示されたら、「オーディオ出力」の出力デバイスをAudio Jack(初期設定)から「USB:XXXXXX(例ではRALDSDHA5)」に変更し、変更後「保存」をクリックします。

「プレイバックオプション→オーディオ出力」項を変更

次にその下の「プレイバックオプション」の項目に、”DSD Over PCM(DoP)”に関する設定があります。この部分は任意で設定するだけでかまいませんが、DoP再生に対応したUSB-DACをお使いの場合は、この部分をオンにし、その後「保存」をクリックします。

「プレイバックオプション→プレイバックオプション」項目のDoP設定

これで、オーディオ出力設定が完了しました。

それでは改めて出力を始めます。
Volumio2には音楽を再生させる手段として、大きく分けて3つの方法があります。

1. USBメモリなどに保存したUSB外部ストレージから再生させる。
2. 直接VolumioのSDカード内に音楽データを保存し再生させる。
3. ネットワーク上にあるNASに保存した音楽を再生させる。

これらを順番にご説明します。

1-3. 音楽の再生 ~ USBストレージ編 ~

USBストレージからの再生は、最も簡単でどなたにでも始めやすいのが特徴です。
はじめに、USBストレージを用意し音楽データを保存しておきます。音楽データの保存が完了すれば、USBストレージをパソコンから取りはずし本機に接続します。その際背面、前面どちらのUSBポートに接続しても問題ありません。

接続構成図(USBストレージ接続の場合)

USBストレージの接続がおわれば、Volumio2のトップ画面から右上のメニューボタンをクリックし、メニューから「マイミュージック」を選択します。

トップ画面右上のメニューから「マイミュージック」を押す

マイミュージックの画面にある「再スキャン」ボタンを押し、左下にある「♫一覧表示」をクリックします。

トップ画面右上のメニューから「マイミュージック」を押す

次に一覧メニューから「音楽ライブラリ」をクリックします。

一覧表示の「音楽ライブラリ」を押す

音楽ライブラリのページから「USB」を選択します。

接続しているのはUSBなので「USB」を選択する

先ほど保存した音楽データが一覧で表示されます。お好きな音楽を選んで再生してみてください。

保存した音楽データが一覧表示される

これでUSBストレージからの音楽再生は完了です。
次回は、本体のストレージ(microSD)に音楽データを保存して再生させてみましょう。


 

64bit SoC搭載Raspberry pi 3をベースモジュールに採用した
ネットワークオーディオトランスポート
製品情報
RAL-NWT01
Raspberry Pi を本格オーディオ機器へ
もっと楽しむ
Raspberry Pi オーディオ組込用
マザーボーボード
製品情報
RAL-KCM3MB1