オーディオ・ホームシアター展 ご報告

0 comments

Posted on 25th 10月 2013 by admin in Tips |イベント情報 |お知らせ

10/18(金)~10/20(日)におこなわれた「オーディオ・ホームシアター展」に
参加しました。
イベント開催時の模様を撮影してまいりましたので、その一部をご覧ください。

オーディオ・ホームシアター展が開催されたTIME24会場の模様です。
まずは玄関付近から。
エントランス
広い会場なので、エントランススペースも広々としています。

当社展示ブースです。
DSD & PCM バランス駆動/標準シングルエンド両対応 USBヘッドホンアンプ「RAL-DSDHA2」
SENNHEISER製ヘッドホンHD650をバランス駆動で接続。
RATOCブース

当イベントで初めて披露した自作Audio Kitシリーズ
当社USBオーディオ機器のラインナップ。
RATOCブース

アクリル板で内部を公開!
DSD & PCM バランス駆動/標準シングルエンド両対応 USBヘッドホンアンプ「RAL-DSDHA2」筐体に
DSD64, 24bit / 192kHz対応 USB-DDC ハイエンド kit「REX-K24192DSDU」
REX-K24192DSDU用 D/Aコンバーター kit「REX-K1792DA1」を内蔵し、
試聴していただきました。
RATOCブース

当社が出展した1F HALL2の模様です。
画像5

会場

話題の4Kテレビ視聴コーナー。
会場

屋外には、実際に車に取り付けたカーオーディオが体験できるデモが
カーオーディオ

当社ブースにもたくさんの方にお越しいただきました。
ご来場、誠にありがとうございました。

昨日ご案内したように、今週末も東京 青山で開催される
秋のヘッドホン祭2013に参加します。
オーディオ・ホームシアター展もあいにくの天気でしたが、
今回は台風が接近中のようです。
くれぐれもお気をつけてイベント会場へお越しください。

詳細はこちら
ヘッドホン祭2013秋

今週末のヘッドホン祭に出展します!

0 comments

Posted on 24th 10月 2013 by admin in Tips |イベント情報 |お知らせ

世界中の有名メーカーヘッドフォン・イヤフォンを一堂に集め多数試聴できる秋恒例の大イベント

東京・青山「スタジアムプレイス青山」にて、秋恒例のイベント フジヤエービック主催「秋のヘッドフォン祭2013」が、10月26日(土)から10月27日(日)の2日間、開催されます。

RALからは、「RAL-DSDHA2, RAL-DSDHA1」や、気軽に音楽を楽しんでいただける「REX-Aシリーズ」他、オーディオ機器の自作ユーザー向け「Audio Kitモデル」等、出展を予定しています。さまざまな製品を試聴できるよう準備していますので、ぜひ8F Aルーム(4)のRatocブースにお立ち寄りください。

皆様のお越しをお待ちしております。

詳細はこちら
ヘッドホン祭2013秋

明日からのオーディオ・ホームシアター展 2013に出展します!

0 comments

Posted on 17th 10月 2013 by admin in Tips |イベント情報 |お知らせ

日々進化するソフト・ハードを含めたオーディオの最新技術や情報を、展示やイベント・セミナーを通じて、ビギナーからマニアまで楽しめるイベント

東京・青梅「TIME 24」にて、秋恒例のイベント「オーディオ・ホームシアター展2013(音展)」が、10月18日(金)から10月20日(日)の3日間、開催されます。

RALからは、「RAL-DSDHA2, RAL-DSDHA1」や、気軽に音楽を楽しんで頂ける「REX-Aシリーズ」他、今回が初出展となる、オーディオ機器の自作ユーザー向け「Audio Kitモデル」等、出展を予定しています。

皆様のお越しをお待ちしております。

  • テーマ:オーディオ・ホームシアター展 2013
  • 日時 :2013年 10月18日(金)10:00 ~19:0010月19日(土)10:00~19:0010月20日(日)10:00~17:00 の3日間
  • 場所 :「TIME(タイム)24」TOKYO INFORMART EXPRESS 24 ※RALはHALL2 H2-8ブース
  • 住所 :東京都江東区青海2-4-32
  • 料金 :入場無料

詳細はこちら
音展2013

自作Kitに新たな製品が登場!

0 comments

Posted on 11th 10月 2013 by admin in お知らせ |製品情報

昨日、自作ユーザーに向けた新製品を発表いたしました。

まずはじめにご紹介するのは、REX-K1648Uです。
この機種は、REX-A1648HA1に内蔵される基板と同一の製品で、
お好みのケースに内蔵するための自作キットとなります。
こだわりの電源を搭載したり、オーディオ出力段のコンデンサを
好みのモノに変更するのも楽しいエントリークラスキットです。
REX-K1648U
16bit / 32kHz, 44.1kHz, 48kHz対応 USB Audio エントリー kit
「REX-K1648U」

次にREX-K2496Uをご紹介。
本製品は、REX-A2496HA1と同一の基板を採用していますが、
ファームウェアを変更しているため、
REX-A2496HA1とは一味違う音質となります。
この製品は内蔵のDAコンバーターを搭載していますが、
DACの自作が趣味の方にも楽しんでいただけるよう、
デジタルオーディオ出力用のI2S出力が搭載しています。
rex_k2496u
24bit / 88.2kHz, 96kHz 対応 USB Audio ミドルクラス kit
「REX-K2496U」

まだまだ続きます!お次はREX-K24192DSDUのご紹介。
この製品はDSDネイティブ再生に対応するRAL-DSDHA2のUSB-DDC部を
キット化した製品で、自作に自信のある言わば“エキスパート向け”の製品です。
豊富なインターフェイスを搭載した本機には、
ボリューム制御用のI2Cインターフェイス、
LEDでサンプルレートが表示できるディスプレイシグナルなど
数々の端子を搭載した自作マニアには必見のキットとなっています。
rex_k24192dsdu
DSD, 24bit / 192kHz 対応USB-DDC ハイエンド kit
「REX-K24192DSDU」

そして最後にREX-K1792DA1
こちらは上記3種とは異なり、DAコンバーターの自作キットとなります。
DAC-ICには、TI製PCM1792を採用、I2SフォーマットのリニアPCM以外にも
DSD64(2.8MHz)にも対応しています。そのため、REX-K24192DSDUと接続することで、
パソコンに保存されたDSD音源をDoP方式でネイティブ再生できることになります。
本製品にはI/V変換をおこなうためのオペアンプが搭載されておりませんので、
購入時にはお好みのオペアンプを4つ後用意いただきますよう、お願いいたします。
(対応するオペアンプはTI製OPA627/OPA134、アナログデバイセス製AD797など)
rex_k1792da1
REX-K24192DSDU用 D/Aコンバーター kit
「REX-K1792DA1」

本日ご紹介した製品には、基板の詳しい説明と回路図が添付していますので、
この機会により深くUSBオーディオやD/Aコンバーターを理解しようと思って
いらっしゃる方にはピッタリの製品となっています。
10月中旬発売予定です。