バランス駆動型ポータブルヘッドホンアンプ登場

0 comments

Posted on 11th 4月 2013 by admin in お知らせ |製品情報

さて、このたび弊社では、チャンネルセパレーションに優れたバランス駆動型ポータブルヘッドホンアンプ「REX-KEB01F」を4月下旬に出荷開始いたします。

REX-KEB01F

本製品は、市場で注目度が高まっているバランスヘッドホンに対応したポータブルヘッドホンアンプです。小型ボディでありながらバランス駆動回路に加え、出力コンデンサを削除したOCL回路を採用し低音域での信号減衰がなく、豊かな低音を出力することができます。
ヘッドホンアンプ回路にはTI製TPA6111をBTL接続でL/Rそれぞれに1個ずつ使用する デュアルモノラル構成を採用。 チャンネルセパレーションに優れたバランス駆動と左右独立したヘッドホンアンプにより、接続されたイヤホン/ヘッドホンのクロストーク特性、分離感、表現力が向上します。

プレスリリース →左右独立したアンプを搭載。チャンネルセパレーションに優れたバランス駆動型ポータブルヘッドホンアンプ REX-KEB01Fが登場
製品情報 → http://www.ratocaudiolab.com/product/ral_kit/rex_keb01/

JRiver Media Centerの設定方法 その3(Windows OS)

0 comments

Posted on 5th 4月 2013 by admin in Tips |武者修行

昨週に引き続き、本日はJRiver Media Centerの音楽データ追加方法に
ついて説明いたします。

JRiver Media Centerを起動し、“オーディオ”をクリックします。
オーディオ
ここでは例として、ミュージック内に保存された音楽データを
JRiver Media Centerのプレイリストに追加します。
【スタート】⇒【ミュージック】⇒から音楽データファイルを表示します。
音楽データファイルを表示

音楽データファイルを選択し、JRiver Media Center内の再生リスト内に
ドラック⇒ドロップで音楽データファイルを移動します。
音楽データファイルを移動

しばらく待つと、再生リスト内に音楽データが反映されます。
音楽データが反映

ハイレゾデータなどをデスクトップ上に保存している場合も、先程と同様に
ファイルを選択し、ドラック&ドロップで音楽データファイルを移動します。
音楽データファイルを移動画像

ご覧の通り簡単に音楽データをプレイリストに追加できるので、現在使用する
再生ソフトからの乗り換えが容易におこなえます。
また、このソフトはリッピングも非常に簡単におこなえます。多少時間は掛かりますが
珍しい機能として、CDをリッピングする際にDSDフォーマットに変更して保存する
ことができます。

以上で、JRiver Media Centerの音楽データ追加は終了です。

JRiver Media Centerの設定方法 その2(Windows OS)

0 comments

Posted on 1st 4月 2013 by admin in Tips |武者修行

本日は昨週ご紹介しましたJRiver Media Centerの設定について説明いたします。
使用する再生環境は、Windows 7とDSDネイティブ再生に対応するRAL-DSDHA2です。

JRiver Media CenterはDSDダイレクト再生方法の1つである「DoP方式」に対応
しています。RAL-DSDHA2をfoobar2000でDSDダイレクト再生する時には、ASIO経由
(2つのプラグイン追加)で再生していましたが、このアプリケーションでは
WASAPIで再生することが可能です。また、言語表記をアプリケーションの設定で
日本語にできるのも有難い機能です。

それではJRiver Media Centerの設定をおこないます。

1.デスクトップ上の“JRiver Media Center”をダブルクリックしてアプリケーションを起動します。
JRiver Media Center

2.日本語表記に変更します。
【Tools】⇒【Language】⇒【Japanese】を選択します。

日本語表記に変更

3.下記の画面が表示されますので【OK】をクリックします。
OK

4.日本語表記に変更されました。
日本語表記

5.次にRAL-DSDHA2に音楽データを転送するための設定をおこないます。
【プレイヤー】⇒【再生オプション】をクリックします。

音楽データを転送するための設定

6.オプション画面の“出力モード”をクリックし、【WASAPI】を選択します。
出力モード

7.オプション画面の“出力モード設定”をクリックします。
出力モード設定

8.WASAPI Settings画面“デバイス”のプルダウンから【スピーカー(RAL-DSDHA2 Audio)】を選択します。
WASAPI Settings画面

9.オプション画面の“Bitstreaming”をクリックします。
Bitstreaming

10.Bitstreaming Formats画面の【DSD over PCM(DoP)】を選択して【OK】をクリックします。
Bitstreaming Formats画面

これで設定は完了です。