foobar2000でPCM音源をDSDに変換して再生する その3

5 comments

Posted on 25th 1月 2013 by admin in Tips |武者修行

今回は肝心の音質についてのご報告です。

再生環境

前回同様の再生環境にヘッドホンを追加して試聴をおこないました。

foo_dsd_asioは以下の設定

ジェーンモンハイトのOVER THE RAINBOW(リリースは10年以上前)を試聴音源とし、
まずは44.1kHz/16bit(WAV)ファイルを変換せずに再生します。
非常にクリアな録音であるため、全ての音が明確に聞こえてきます。
こういった音質を好む方も多いと思いますが、私には少々刺激的な
音質に聞こえました。使用したヘッドホン(JVC製 HA-MX10)の影響も
少なからずあるようです。

次に44.1kHz/16bit(WAV)ファイルをDSD(2.8MHz)に変換して再生します。
少し刺激のあった女性ボーカルに丸みが帯び、非常に聴きやすくなりました。
しかし音の明瞭さを失うことがないため、今回の試聴環境においては総じて
良い傾向に音質が変化したように感じました。

次に音源を変更し、44.1kHz/16bit(WAV)ファイルの無変換再生とDSDネイティブ
再生の比較をおこないました。音源はNet Audio Vol.08の特別付録に収録されていた
スカボロー・フェアを使用しています。この付録には同一タイトルで4種類の
フォーマットが収録されているので、比較するには“もってこい”の音源です。
(44.1kHz/16bit・96kHz/24bit・192kHz/24bit・2822400Hz/1bit)

44.1kHz/16bit(WAV)データをDSDに変換して再生します。
サックス/ドラム/ウッドベースの音が明確に認識できる、非常に高い
解像度が特徴の録音です。ギターも刺激的になりすぎず、心地より音源でした。

次にDSDフォーマットのデータをネイティブ再生します。
やはりDSDネイティブ再生と言うべきでしょうか。PCM⇒DSD変換の音質より
余韻が自然で、音の広がりを感じます。また、沈み込むウッドベースの低域まで
聴き取ることができ、ボリュームを上げても五月蝿くなることがありません。
この音質の差は大きく感じました。

今回の試聴では、PCMの無変換とPCM⇒DSD変換の差も思った以上に大きいことに
驚いたと同時にDSDネイティブ再生の存在価値を改めて感じることができました。

このようにRAL-DSDHA1/RAL-DSDHA2とfoobar2000の組み合わせにより、DSD音源の
ネイティブ再生以外にも色々な楽しみ方ができる機器であることをご理解いただけたと
思います。是非この音質の違いを、皆様のシステムでご体感いただければと思います。

RAL-DSDHA1前面
◆RAL-DSDHA1◆
◆RAL-DSDHA2◆

DSD音源を使用したセミナー「DSD音源を聴く」

0 comments

Posted on 24th 1月 2013 by admin in イベント情報

東京・新宿「ビックロ新宿東口店」にてデジタルメディア評論家の麻倉怜士氏をお迎えし、DSD音源を使用したセミナー「DSD音源を聴く」が、1月26(土)に開催されます。
当日会場では「RAL-DSDHA1」などを使用しDSD音源の再生を体験することができます。入場無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。

■テーマ :麻倉怜士氏セミナー「DSD音源を聴く」
■日時  :2013年1月26日(土)14:00 ~ 17:00
■場所  :ビックロ新宿東口店
■使用機器:RAL-DSDHA1 ほか
■住所  :〒160-0022 東京都新宿区新宿3-29-1
■入場料 :無料
■詳細  :FaceBook

■RAL-DSDHA1
RAL-DSDHA1前面

foobar2000でPCM音源をDSDに変換して再生する。その2

0 comments

Posted on 18th 1月 2013 by admin in Tips |武者修行

前回の「foobar2000でPCM音源をDSDに変換して再生する。」では
foobar2000でCD音源(16bit/44.1kHz)を
DSDに変換して再生する方法を紹介しました。
この再生を行う上で少し心配なのが、
PCM⇒DSDに変換する際のパソコン(CPU)への負荷です。
本日は、パソコンで音楽を再生する環境(特にCPU使用率)について
少しお話ししたいと思います。

今回使用した再生環境は以下の通りです。

OS:Windows 7 64bit
CPU:Core2 CPU 6300
メモリ:2GB
オーディオ機器:RAL-DSDHA1
RAL-DSDHA1前面

まずはじめに、音楽データのサイズや再生方法の違いで、
CPU負荷がどれ程変化するのかを確認するため、
タスクマネージャーを表示します。
タスクバー上で右クリックし、
タスクマネージャーをクリックします。
次に“パフォーマンス”タグをクリックすると、
下記の画面が表示されます。

次にPCMフォーマット音源(WAVファイル)の再生、
CDレベル音源のDSD変換再生、
DSDフォーマットのネイティブ再生など
再生方法を変更してCPU使用率を計測します。
(音源は、「Net Audio Vol.08」の特別付録に収録されていたスカボロー・フェアを使用)

ご覧の通り、CDレベルの音楽データでは
1~7%のCPU使用率で推移しますが、
PCM⇒DSD変換の場合だと10~20%まで上昇します。
やはり、リアルタイムでのDSD変換作業は、
CPUに対して大きな負担となるようです。
DSDネイティブ再生では変換工程がないため、
4~10%となりました。

PCM⇒DSD変換再生するメリットは、
所有する好きなCD音源をDSD再生することができる、
保存する音楽のデータ量を少なくすることができるという点です。
しかしPCM⇒DSD変換再生は、CPUへの負荷が大きいため、
音が途切れるなどのトラブルが発生する可能性が高くなります。
ですので、パソコンにできるだけ負荷をかけないための工夫が
必要となります。

CPUへの負荷を軽減できる簡単な対策には、
以下のような方法があります。
1.不要なファイルを整理し、Cドライブに十分な空き容量を確保する。
2.断片化されたHDD内のデータをデフラグツールで最適化する。
3.システムのプロパティ内 詳細設定を“パフォーマンスを優先する”に設定する。

いずれも費用が発生しない簡単な対策です。
また、音楽再生に限らずパソコンを快適に
操作するために覚えておいて損はないでしょう。

肝心の音質については、後日改めてご報告したいと思います。

foobar2000でPCM音源をDSDに変換して再生する。

0 comments

Posted on 11th 1月 2013 by admin in 未分類

昨年発売されたDSDネイティブ再生対応の
RAL-DSDHA1/RAL-DSDHA2を愛用いただいている方に、
ちょっぴり嬉しい情報をお届けいたします。

 RAL-DSDHA1前面  
◆RAL-DSDHA1◆
◆RAL-DSDHA2◆


弊社製品の推奨フリーソフト「foobar2000」で、
CD音源(16bit/44.1kHz)をDSDに変換して
再生することが可能となっています。

これはサードパーティ製プラグインの“foo_dsd_asio”の
バージョンV0.6.0以降をインストールすることにより実現します。
※インストール方法は添付CD-ROM内の「DSDフォーマットの再生設定」をご参照ください。

上記プラグインをインストール後のfoobar2000の設定は、
下記の通りです。


【file】⇒【Preference】⇒【Output】⇒【ASIO】の
ASIO drivers内“foo_dsd_asio”をダブルクリックします。


foo_dsd_asio V0.6.x内を下記の通りに設定します。
あとは【Output】を“foo_dsd_asio”に設定すれば完了!

■RAL-DSDHA1の場合

■RAL-DSDHA2の場合


CDからリッピングした音楽ファイルがDSD変換され再生されています。
foobar2000の表示は44.1kHzの再生を示しますが、
製品本体のインジケーターはDSD音源の受信を示すLEDが点灯しています。

DSDフォーマットの音源は、
まだポピュラー音楽の提供が少ないこともあるため、
こういった機能が再生ソフトに追加されることは、
大歓迎ですね。

なお、この機能は44.1kHz系(88.2/176.4)のみの対応で、
48kHz系には今のところ未対応のようです。
また、変換設定にはSDM Type A~Dまで存在しますが、
音質の変化は少なく、聞き分けるごとは非常に難しいと思われます。
ご興味のある方は、是非挑戦してみてください。