#3 2008 CESで見つけたもの その5

3 comments

Posted on 14th 2月 2008 by admin in ものつくりの現場から

今回は、CESで見つけたオーディオ関係機器の写真を紹介します。

◆HITACHI HDTV Distribution Network◆
2008ces_18   2008ces_17   2008ces_19_2   2008ces_20

◆SAMSUNG◆
2008ces_21   2008ces_22   2008ces_23   2008ces_24   2008ces_25   2008ces_26   2008ces_27   2008ces_28   2008ces_29

◆TRIBE◆
2008ces_11
  2008ces_39_2

◆その他◆
2008ces_12   2008ces_13

2008ces_14   2008ces_15

2008ces_16


2008ces_31 2008ces_10

2008ces_32

2008ces_33 

2008ces_34

 次回からはCESの話題から離れて、REX-Link本来の話題に戻りたいと思います。

#3 2008 CESで見つけたもの その4

0 comments

Posted on 7th 2月 2008 by admin in ものつくりの現場から

  CESレポート4回目は、DACで有名なMSB Technology社です。同社はDAC以外にもCDトランスポート、プリアンプ、パワーアンプを販売しています。さらにiPodを改造してデジタルAudio出力を取り出し、S/PDIFやAES信号に変換するiPod Docking Station(Transport)を発売しています。DACも他社のように半導体メーカー製の既製品を使用せずに、自分たち独自で作ったladder(梯子)DACを使用するという徹底ぶりです。iPodを改造してAudioトランスポートとして使用するという製品は昨年のCESでも同社の部屋で見せてもらいました。私見では、何もここまでという感があり、iPodに移す前にパソコンやMacで一度CDをリッピングしている訳ですから、それを取り出せばよいのにと思います。通常、iPod用の機器を開発販売する場合には、事前にAppleに申請して「made for iPod」というライセンスを取得する必要がありますが、多分そんなものは無視して自分たちで改造してしまっているものと思います。また、i.LINKというのはご存知のようにIEEE1394のAV用としてSONYが登録している商標です。こちらも使用するためにはSONYの使用許諾を得なければなりません。この件に関してMSBの社員に質問したのですが、「SONYのi.LINKとは別物」という回答でした。ゲリラ的にどんどんやるというのはいいと思いますが、製品そのものと関係がないところでユーザーや販売店、実装工場の人達に迷惑をかけることがありますので独自の名前をつけた方がいいと思います。

2008ces_3_4  改造できるiPodも限定されると思いますが、iPodから取り出したデコーダの出力を、ドッキングステーション内部のDSP(Analog DevicesのSHARC)でS/PDIFやAES信号に変換しているようです。選曲はiPodそのものを操作しなければならないので、iPodそのものをリモコン感覚で使用できるようにRFトランスミッタも用意されています。このあたりはREX-Link1Pと同じような発想ですが、REX-Link1PはiPodを改造せずそのまま利用するためにアナログ出力(イヤホン出力)を取り出し、A/D変換してから2.4GHzデジタルで送信しています。MSB i.LINKがどんな周波数、方式を使用しているかは独自方式だとしか教えてもらえませんでした。
Rexlink1p   Ipod_1111_2

 肝心の音質ですが、DACやアンプが優秀なこともあっていい音が出ていました。本当はパソコン(Mac)とのUSB接続やPS Audioのような方式との比較などがあるともっとよかったのですが、各メーカー別に部屋を用意するという形式では無理と思います。 

 MSB iLinkの詳細は同社のHP<http://www.msbtech.com>を参照してください。日本語のいろんなサイトにも本機の紹介や試聴記事などがアップされています。iPod関連商品というとケースやジャケット、充電器の類がいっぱい販売されていますが、Audio機器としてまじめに取り上げているMSB社の製品はREX-Link1Pなどと共通するところがあり、同志に出会ったようで嬉しく思います。

 毎年CESを見にラスベガスへ行っており、ここ何年かはHi-End Audio関連の展示も見ていますが、Hi-endの世界にも新しい傾向が見られます。PC Audioもそのひとつで、パソコン(Mac)やiPodをデモの主役にしている展示ブースが少しずつ増えています。でも、PC Audioは音楽の入口だけですのでパワーアンプやスピーカー、ケーブルなどは今後も展示会の主役でありつづけると思います。とにかく、私達としては、まず音楽をきちんとアンプに伝えるところまでをきちんとしたいと考えています。また、Audio信号のWireless伝送もめずらしくなくなり、JBLまでもが’On Air Control 2.4G Wireless Speaker System’というシリーズで’CONTROL 2.4G’というWirelessスピーカーを発売しています。送信機はREX-Link2EXと同じくらいの大きさで、入力はアナログL,Rのみです。左側のスピーカーユニットに受信機とアンプ(15Wx2)が内蔵され、DC20V出力のACアダプターで電源を供給しています。送信機と受信機のペアリングはそれぞれのリアパネルに用意されている4段階(ID1,ID2,ID3,ID4)のスライドSWで合わせるようになっています。その他のメーカー(QUADまで)も同じようなWirelessスピーカーを展示していましたが、JBLの’CONTROL 2.4G’とinfinity<http://ww.infinitysystems.com>のWireless Subwoofer PS212W、AcousticReserch<http://www.audiovox.com> WPA24 Digital Wireless Transmitter/Receiver SystemがInnovations 2008賞を受賞していました。
 受賞製品の展示ブースでガラス越しに写した写真を添付しておきます。
◆JBL ONTROL 2.4G◆
2008ces_7   2008ces_8

◆infinity Wireless Subwoofer PS212W◆
 2008ces_9

◆AcousticReserch  WPA24 Digital Wireless Transmitter/Receiver System◆
2008ces_5
  2008ces_8_2