PC Audioブログ更新について

0 comments

Posted on 31st 5月 2007 by admin in お知らせ

PC Audioブログが2月8日にオープンしてから約4ヶ月が過ぎようとしています。

その間、毎日ブログの更新をおこなってきましたが、これからは毎日と言うことにこだわらず、みなさまにお届けしたい、開発話を始めとしたさまざまな情報がある度に更新することと変更になりました。

このブログに対するご意見やご要望をお待ちしています。
引き続きPC Audioブログをよろしくお願いいたします。

Tips #19 REX-Link1の使い方をみせる その2

0 comments

Posted on 30th 5月 2007 by admin in Tips

Rexlink 前回はREX-Link1の最初のPR方法として製品を使用しているイメージがわかる写真を撮影することになった経緯をお話ししました。
今回はその写真はどのように撮影されたかをご紹介します。

撮影予定日、前日に降った雨のせいで、「テラスで音楽を楽しむ」と言うには似合わないテラスがしめった状態となってしまっていたので、予備日として予定していただいていた翌日に撮影を延期することになりました。

実際にお住まいになっているお宅をご厚意で借りて撮影することになっていため、テラスが乾くほどの晴天が翌日まで続くことを願いながら、その日は解散しました。

撮影予備日。願いは見事に叶えられ、テラスで音楽を聴くにふさわしい快晴です。
機材をセッティングし、いざ撮影に挑みます。
そのときREX-Link1の筐体に入れるロゴがまだ決まったばかりで、撮影用の製品にももちろんロゴは入っていないものを使用するしかありませんでした。。

撮影は順調に進みましたが、この使用イメージを撮影するという作業を始めたときからずっと課題がありました。

 ワイヤレス接続であるため、受信機と送信機の設置場所が離れていること。
 REX-Link1コンパクトであること。

これは一枚のイメージ写真の画面内に収めた場合、どうやっても製品がちいさくどこに配置されているのかわかりにくくなってしまうと言うことを意味しています。
その解消方法として製品部分のみ画像を追加し、拡大してみせることに決定しました。

これがそんな作業を経てできあがったイメージ写真です。
この写真はカタログやホームページ、パッケージ等、さまざまな場所で活躍しています。
Link1_image_main_2

Tips #19 REX-Link1の使い方をみせる その1

0 comments

Posted on 29th 5月 2007 by admin in Tips

今回はREX-Link1PR方法についてご紹介しましょう。

Rexlink_2 最初にREX-Link1の製品の外形を見たとき、「パソコンに保存している音楽をワイヤレスで聴くことが出来る製品」わかった方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。きっと「何に使う物なのかわからない」と思った方が大多数だと思います。
それだけに製品をPRする上で「わかりやすく」と言うことがとても重要となりました。

外観だけでは使用方法も用途もわからない製品を「わかりやすく」説明するためにまず何が必要なのかを考えた結果、それにはやはり実際に使用しているシーンを見て貰うのが一番良いと製品のイメージ写真を撮影することになりました。

どんなふうに使用している様子を見れば、製品のイメージが伝わりやすいのか。
学生がベットの上に寝転がりのんびりとしながら手元のパソコンで選曲し離れたコンポから音楽を聴いている姿。
家族の集まるリビングでオーディオ機器から流れるパソコンの音楽を鑑賞する様子。
などなど、さまざまな案を検討しました。

そしてその結果、選ばれた製品のイメージは、ポスターやカタログ、パッケージなどに使われていたあの写真です。

次回は採用されたイメージ写真と撮影秘話をご紹介します。

Tips #18 REX-WHP1の色について考えた

0 comments

Posted on 28th 5月 2007 by admin in Tips

先日REX-Link2REX-Link1色の候補についてご紹介しましたが、今回はREX-WHP1UREX-WHP1Pのヘッドホンを製品化する際に候補に挙がった色についてもご紹介いたしましょう。

最初はオーディオ機器の色に合わせたライトシルバーシルバーや定番のパールホワイトを候補にあげサンプルを作成しました。
Nise_whp1_a

店頭に並んでいるヘッドホンはシルバーや黒が大部分を占めているため、当社のヘッドホンはそれに紛れてしまわない色にしようと、REX-Link1の筐体と同じパールホワイトに決定しました。
パールホワイトに決定した後も微妙に色合いの違うバージョンを作って比較検討が続き、写真前列中央のパールホワイトを採用しました。

わずかな色の差ですが、少しのことでもこだわりオリジナリティのある製品を創るためにさまざまな選択を繰り返しています。

Tips #17 音楽配信サイトのご紹介

0 comments

Posted on 25th 5月 2007 by admin in Tips

インターネット上に構築された音楽ライブラリにアクセスして自分の好きな音楽を聴く。
ラトックではクラシック音楽を中心に提供しているNAXOS1ヶ月無料券を製品に同梱していますが、クラシック以外にPOPや洋楽も聴きたいな?という方もいるのでは?
そんな方にオススメの音楽配信サイトをご紹介します。

RealMusic ? J-POPも充実。
Napster ? 洋楽の提供数はスゴイ

Tips #16 REX-Link2カンタン音質グレードアップ術

0 comments

Posted on 24th 5月 2007 by admin in Tips

今回の内容につきましては、オーディオを趣味としている方々にとっては「そんなの常識!」と言われてしまいそうですが、REX-Link2を通じてこれまで馴染みのなかったオーディオの世界に足を踏み入れた方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は、REX-Link2の「カンタン音質グレードアップ術」と題して、ちょっとした工夫で、更にREX-Link2の素晴らしい音質を引き出していただく方法をご紹介いたします。

今回ピックアップするモノは、REX-Link2とオーディオ機器とを接続するための、オーディオケーブルです。

REX-Link2には、お買い求めいただきますと、すぐにご利用いただけるよう、オーディオ機器と接続するためのケーブル(アナログ用とデジタル用が各1本同梱)が同梱されております。

当然のことながら、このケーブルを使って、各種オーディオ機器と接続することで、何ら問題なくお楽しみいただけます。

しかし、この接続ケーブルを、より良質のものと交換することで、REX-Link2の音が見違える(聞き違う)ほど向上いたします。
(残念ながら、REX-Link2添付のケーブルは、コストの関係上、最高品質のケーブルという訳には参りません・・・)

実際、これらの接続ケーブルは、多くのオーディオメーカーや、ケーブル専売メーカーなどから、多種多様に販売されており、中にはREX-Link2の販売価格より高いものも存在します・・・

これらのケーブルは、何が違うかと申しますと、ケーブル素材、プラグの材質、ケーブルとプラグを接続するハンダの材質やハンダ加工の有無、ケーブル被服の違い・・・などなど、挙げるとキリがありませんが、やはり、主だったものとしては、使用するケーブルの素材の違いが挙げられます。

何より、こういった接続ケーブルを交換するだけで、REX-Link2に改造を施すといった大それたことを行うことなく、誰にでもカンタンに様々な音の違いを楽しむことができます。
(そこがオーディオの楽しむ部分の一つでもあります)

こういったオーディオ接続用ケーブルは、オーディオショップなどに行きますとカンタンに手に入れる事ができますので、みなさんも是非一度、ケーブル交換をおためしください。

Tips #15 REX-WHP1のデザインはこうして決まった

0 comments

Posted on 23rd 5月 2007 by admin in Tips

Rexwhp1_3 ワイヤレスヘッドホンセットREX-WHP1」の発売開始は2004年12月。当社で最初のワイヤレスオーディオ機器REX-Link1が発売されてから1年と1ヶ月が過ぎた頃でした。
そしてもちろんヘッドホンの筐体をデザインすることも当社では初めての経験でした。
先日のREX-Link1のデザインに引き続き、今回はREX-WHP1の外形デザインがどのように決まったのかをお話しします。

一般的なヘッドホンの形は半円形で丸みのある物ですが、なるべく特徴がありオリジナルの形にしたいと考え、角ばった形にすることを選びました。
しかし、いざサンプルを確認すると、そのサイズの大きいこと。REX-WHP1は密閉ダイナミック式だったため大きめになることはわかっていましたが、他の同じタイプのヘッドホンと実際に直径サイズは変わらなくても、目で見て比較すると当社のヘッドホンの方がずいぶんと大きく見えます。その姿はまるで巨大な大判焼き。
実際の付け心地は良く、重さも感じないのですが、見た目から想像する装着感はずっしりとした重さが頭にのしかかってきそうな印象を受けました。

もっとこの軽い装着感を感じてもらえないかと言うことで、巨大な大判焼き型から角を落としたり削ったりと形を整えて工夫を重ね独特なREX-WHP1のヘッドホンができあがったのです。

そしてですが、ヘッドホンでは黒やダークブラウンを始めとした暗く高級感のある色が好まれて使われていますが、やはり他のヘッドホンがあまり使用していない色ということでREX-Link1の受信機本体と同じパールホワイトを採用しました。

他とは違う形と色にこだわって作ったヘッドホンREX-WHP1。皆さんならどんなデザインのヘッドホンを考えましたか?

Tips #14 REX-Link1とREX-Link2の色について考えた

0 comments

Posted on 22nd 5月 2007 by admin in Tips

REX-Link2を発売するにあたり、REX-Link1の筐体から色を変更することも検討されました。
たとえば元の色はパールホワイトと赤ですが、オーディオ機器の色に合わせたシルバーを中心に濃さをいろいろ変えてサンプル塗装してみました。写真で見ると微妙な配色の差ですが、これだけ数が並ぶと圧巻です。
Nise_link_b2

実はREX-Link1発売時にも様々な配色を検討されました。
サンプルまで作成したのは赤と青とクリアの赤とクリアの青とクリアです。Nise_link_a2

REX-Link2の色はいろいろと塗装サンプルを作った結果、REX-Link1と同じ配色が採用されることになりました。
REX-Link2REX-Link1のパールホワイトと赤の受信機を見た時には、他にも色の候補があったことを思い出してみてください。

Tips #13 REX-Link1とREX-Link2の本体色は機能的

0 comments

Posted on 21st 5月 2007 by admin in Tips

Rexlink さて、以前にREX-Link1から引き継がれたREX-Link2の外形デザインの話をしました。(Tips #12 REX-Link1のデザインはこうして決まった
今回はそのデザインの中でも大部分を占めている受信機部分の色の工夫についてお話しましょう。

受信機の本体部分は、なぜパールホワイトなのか。
最初に高級感のある製品に仕上げたいと光沢感のある色を筐体に使用することを決めました。
光沢感のある色というのは通常メタリックを使用することが多いのですが、REX-Linkはワイヤレス製品のため、干渉を与えやすいメタリックではなくパールを使用することになったのです。無線の質を少しでも良く保ちたいと考え選択されました。

すべては良い音質のために! そう言う気持ちでREX-Linkは作られています。

店舗でのデモの様子をご紹介<大阪編>

0 comments

Posted on 18th 5月 2007 by admin in 販売店情報

 実際にREX-Link2REX-WHP2で音を聴いてみたいという方のために、販売店様にご協力をいただき、店頭でのデモ実施を進めています。
 今回は店舗でおこなっているデモ展示の様子を報告します。

<大阪>
ジョーシン J&Pテクノランド 4F 登りエスカレータ前のPC展示内(TEL:06-6634-1211)
最新VistaパソコンへREX-Link2を接続し向かい合わせのスピーカーから高音質なサウンドが流れています。
Josin_1 Josin_2 Josin_3

その他の店舗でもデモ展示をおこなっています。こちらのブログでご確認ください。
http://blog.ratocsystems.com/pcaudio/2007/04/rexlink2rexwhp2_b94f.html