店舗でのデモの様子をご紹介<東京編>

0 comments

Posted on 27th 4月 2007 by admin in 販売店情報

 実際にREX-Link2REX-WHP2で音を聴いてみたいという方のために、販売店様にご協力をいただき、店頭でのデモ実施を進めています。
 今回は店舗でおこなっているデモ展示の様子を報告します。

<東京>
RATOC AKIBA ショールーム(OPEN時間11:00?19:00)(TEL:03-5207-5010)
ショールームではインターネットに接続したPCにREX-WHP2を接続しナクソスが提供するクラシック音楽を視聴することが可能です。ご要望によりiTunesや音楽CDでの視聴も可能ですのでスタッフにお声がけください。
※4/28?5/6は休業させていただきます。
Showroom_image2

ソフマップ 秋葉原 2号店 Mac Collection 2F 新品Macデスクトップコーナー(TEL:03-3253-3155)
2F 階段側のMac Proコーナーでの試聴出来ます。
ハイエンドMacと大型ディスプレイ環境に、快適なワイヤレスオーディオが楽しめます。
Map_mac2 Map_mac1

その他の店舗でもデモ展示をおこなっています。こちらのブログでご確認ください。
http://blog.ratocsystems.com/pcaudio/2007/04/rexlink2rexwhp2_b94f.html

GWの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」で展示

6 comments

Posted on 26th 4月 2007 by admin in イベント情報

今回はGWにおこなわれるイベントのお知らせです。
今年のGW休暇日数は平均7.2日、連続休暇の日数は平均5.4日と発表がありましたが、皆様のGWはいかがでしょうか? 予定はもうお決まりですか?

実はGWもまっただ中の5月2日から5日間にわたり東京で開催される日本最大の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」REX-Link2REX-WHP2が展示していただけることになりました。
展示場所はナクソスのブース内です。ナクソスが配信している様々な音楽非圧縮の高音質なREX-Link2REX-WHP2でお楽しみください。

◆開催概要◆
タイトル
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2007 ?民族のハーモニー?
http://www.t-i-forum.co.jp/lfj/index.html

日時・会場
東京
東京国際フォーラム(全館):2007年5月2日(水)?5月6日(日)
丸の内・周辺エリア:2007年4月29日(日)?5月6日(日)

デモ場所
東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール(1)通称 ガラス棟 地下2階 展示ホール「モルダウ」
http://www.t-i-forum.co.jp/lfj/outline/hall_str.html

日本最大の音楽祭に参加してREX-Link2REX-WHP2を実際にお試しください。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その10 REX-WHP1からWHP2へのみちのり 後編

0 comments

Posted on 25th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

 私達もベンチャービジネスのはしくれですので、モットーは「日々是創業、日々是実験」です。ということでREX-WHP1の発売後、すぐにREX-WHP2の開発にとりかかりました。まず、今度は「おっ、おっ、大きい」と驚かれないようにヘッドホン自体を小型にしなければなりません。しかし、このBlogの最初の方で述べましたように、安物のヘッドホンユニットを採用するわけにはゆきません。そこで、いろいろと考えた結果、外出時の携帯用ヘッドホンとしては、当時、発売されたBOSEのノイズキャンセリングヘッドホン程度の大きさが妥当ということに落ち着きました。当然、同じくらいの大きさの有線ヘッドホンの中高級品に相当する音質や装着感必須です。ということで、ヘッドホンユニットは30mmΦのドライバを採用することにしました。REX-WHP1は53mmΦという大型のドライバで低音もゆったりと出ましたが、30mmΦになるとどうかなと気になりましたが、REX-WHP1と同じ国産の有名メーカのものを提供してもらうことになりましたので、低音も高音もたっぷりと出ました。音質面での問題はこれでクリアされました。
 電池も何とかREX-WHP1と同じ容量(1,150mAh)のLi-ion電池をハウジングに収納できました。ワイヤレス部は最初はREX-WHP1と同じ方式、Chipセットで試作を行い、DACやアンプ部はREX-WHP1より、はるかにパワーのある国産LSI(4W+4Wの出力があり、小型のアクティブスピーカ用として充分使用できるようなものです)を使用しました。このアンプはD級のデジタルアンプで消費電力が少なく、しかも効率がよく、そのうえ直流カット用の電解コンデンサなしでスピーカー(ヘッドホンのドライバユニット)を駆動することができるタイプです。REX-WHP2の場合は30mmΦのドライバユニットを採用したため、ハウジングが小さく、音質に影響する大型・大容量の直流カット用の電解コンデンサ(オーディオ用の特別なものです)を2個(L,R用)も基板上に実装して収容できなかったため、このLSIを採用しました。また、効率をあげて消費電力を減らして電池を長持ちさせるためD級のパワーアンプを採用した結果、電池15時間以上持つようになりました。

 REX-WHP1発売の1年後(2005年秋)にはREX-WHP2の量産サンプルも出来上がり、強度試験なども行いました。音質は強力なパワーアンプを搭載したこともあってREX-WHP1に比べて、はるかにパワフルな音で、なかなかのものが出来上がりました。しかも、今度は携帯に便利なように、持ち運び時に左右のハウジングを90度ずつ回転させて、ポーチに収容できるような構造のヘッドバンドを採用し、ポーチも新たに用意しました。
 これで準備はOKと思っていたのです、量産開始前に無線RF部で使用していたChipセットの半導体メーカがそのChipのIPや販売権中国の会社にまるごと売却してしまい、ファームウェアなどでいろいろ協力してくれていた韓国のエンジニアのサポート受けれらなくなってしまいました。このままでは、ファームウェアの改良などができなくなるため、ソースコードの買取などいろいろ交渉しましたが埒があかず、将来のことを考えて、結局無線RF部のChipセットを再度、最初から探しなおすことにしました。折角、基板も完成し強度試験も済ませたのに、損害は甚大です。しかし、発売後のことを考えるとChipの安定供給やファームウェアの修正は避けて通れません。
Rexwhp2 結局、その後、さらに1年以上かけて、Audio Streamをデジタル伝送するのに適した無線Chipセットを2,3種類、評価を行い、最終的に今回発売したREX-WHP2出来上がりました。結果的にワイヤレス部CDと同じリニアPCM 2ch.(16bit/44.1kHz)の非圧縮伝送となり、DAC部やデジタルアンプ部もiPodや高級Audio機器、高級サウンドボードなどで採用されているDACと同じメーカー(Wolfson)の新型を採用することにしました。そうなると音質がかなり変わりますので、再度ヘッドホンメーカーにお願いして、ヘッドホンとしての音質調整をしていただきました。着手から2年半がかりでやっとREX-WHP2完成です。

 携帯性や大きさ、装着感や音質は実際に店頭デモで確かめてみてください。REX-WHP1とはまた違った、パワフルな音を楽しんでいただけると思います。もちろん、ユニットの大きさやヘッドバンドの構造が違いますのでREX-WHP1にはかなわない部分もありますが、小型の携帯用ヘッドホンとしては「いい音のヘッドホン」に仕上がっています。どうぞお試しください。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その10 REX-WHP1からWHP2へのみちのり 前編

0 comments

Posted on 24th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

20041118audio_2  いろんな困難を乗り越えてやっと、REX-WHP1発売されたのは2004年12月です。その前の11月中旬に発表会を開催し、マスコミ関係者販売店の方々に現物に手を触れて、音を聴いていただきました。
 ヘッドホンユニット国産の高級品と同じものを採用しましたので、当然ですが音質や装着感については好評をいただきました。重さに関しても有線タイプとほぼ同じ重さにまとめましたので、特に「重い」というご意見はいただきませんでした。しかし、iPodと組み合わせて使用する外出時の携帯用ヘッドホンとしては、皆さん一様に「おっ、おっ、大きい」と驚かれた様子でした。確かにREX-WHP1装着したまま、ジョギングに出かけたり、フィットネスセンターで運動するというのは無理があると思います。現実的には、静かにソファに座って読書をしながら音楽を聴くというのが一般的な使用法でしょうか。
 REX-WHP1にはiPod接続用REX-WHP1Pの他、PCのUSBポートに送信機を差込み、PC上でiTunesやMedia Playerを動作させてREX-WHP1で音楽を聴くというモデルREX-WHP1Uもあり(REX-WHP1PのiPod用送信機にもUSBポートがあり、PCのUSBポートとケーブルで接続し、同様に楽しむことができます)、こちらの方はノートPCやデスクトップPCで音楽を聴きながらPCで何か作業をしたり、PCから離れてうっとうしいケーブルに邪魔されずにソファに座って読書や編物などをすることができます。
 Rexwhp1p   Rexwhp1u_3
 あるいは、DVD再生ソフトウェアにDolby Headphoneのエンコーダがオプションで組込まれていれば、DVD再生時、5.1ch.の音声REX-WHP1のいい音で楽しむことができます。ただし、無線部が2.4GHzとは言え、RF部がBluetoothと同じ物理層を使用していますので、PCのUSBポートから出たリニアPCM2.1ch.の音声は送信機、受信機内部のDSP(Digital Signal Processing)により、SBCコーデックと呼ばれる方式で圧縮復元されて私達の耳に伝えられるため、PCのアナログ出力ジャック(スピーカ端子)に有線ヘッドホンを接続した場合と比べて少しだけ遅れます。DVD再生ソフトウェアのDolby HeadphoneをONにすると、豊かな音がひろがってなかなかいい感じですが、このSBCコーデックによる約30mS程度の音の遅れは、残響の多い広い映画館で舞台のスクリーンの後ろのスピーカからの音声を聞いていると思えば気になりませんが、ゲームなどをされる方には気になったようです。

Audiobasic_2005spring_2  iPodの音楽をワイヤレスで飛ばしてオーディオセットで再生するREX-Link1PやヘッドホンREX-WHP1Pは、発売後、"Audio Basic" 2005年春号(Vol.34)共同通信社)というオーディオ雑誌でも紹されました。「なかなかいい音がする」ということで好評をいただきました。この他の雑誌いろんなWebでも紹介いただいたり、量販店の店頭でも展示視聴いただき、REX-WHP1の「いい音」を体験していただきましたが、価格(店頭で¥39,800程度)や外出時の携帯用としては大きすぎることなどから実際の売行きは今ひとつでした。
 iPodなどの携帯オーディオ機器の所有者を対象とした調査報告がwebでも公開されていましたが、ヘッドホン(イヤホン)を買うとしたら、音質や装着感を優先して選び、予算は¥3,000くらいという結果が報告されていました。私達としては、iPod用のヘッドホン(カナルタイプのイヤホン)で¥50,000や¥30,000クラスの製品でも売れていることから考えて、REX-WHP1の音質やヘッドホンとしての高級感から考えて¥39,800決して高くはないと思っていたのですが、いかんせんiPodなどの携帯用としては大きすぎました。室内専用となると今度はiPod用のドックスピーカーREX-Link1Pとも競合します。PC用のUSB接続のヘッドホンとしては、室内で作業(キッチンで調理をしながらというユーザもいらっしゃいます)などをしながら音楽を楽しんだり、大画面PCでDVDを再生したりという使い方で好評でした。

 そして私達はREX-WHP1の発売後、すぐにREX-WHP2開発にとりかかりました。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その9 iPod用送信機をつくる3

1 comment

Posted on 23rd 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

 クランプの手作り試作品を使用して、送信機とヘッドホンの間で実際に送受信テストを行い、それぞれのアンテナの最適な位置を決めて行くことになりましたが、ヘッドホンはiPodに接続する送信機だけではなくPC用のUSB送信機とも組み合わせますので、そちらとの兼ね合いもあります。
Headphone_head  iPodと送信機の合体コンビの場合、距離は1mか2m以内(送信機にUSBケーブルが接続できるのでPC用の送信機としても使用可能なため、その場合は10mくらいの到達距離が必要です)でもOKですが、ポケットに入れたり、カバンの中に入れたりするので人体からあまり離れたところで電波を出しません。また、iPod miniはアルミ製のボディ、iPodも金属製の背面カバーを使用していますので、クランプで合体させてポケットの中に入れると、送信機は金属と人体(アース電位)の間にはさまれて、電波の送受信性能が低下してしまいます。これを避けるため、送信機内部でアンテナの位置をあちこち移動させて最適なところに決めましたが、ポケットの位置や入れ方に大きく影響されてしまいます。しかし、さまざま検証の結果、最悪の場合でも音切れやノイズがなく、iPodの音楽をケーブルフリーで楽しめるレベルを実現しました。

 いろいろ実験や試作を繰り返した結果、量産が始まりTELECの認定(日本国内で電波を使用する製品を販売するためにはTELEC・総務省の認定試験に合格させなければなりません)も取得し、これでOKというところで、またまた問題が出てきました。
 それはiPodの大きさがみんな違うということです。さらに、大きさが異なるiPodが次々と発売されるではありませんか。結局、クランプはiPod mini用第2世代iPod用第3世代iPod用3種類の金型を製作するはめになり、iPod Photoや第4世代以降の機種には厚さを調節するラバーシートをはさむことで解決しました。でも、発売2年後にiPod nanoという全く大きさの異なるものが登場した時は大慌てで、結局、少々ブサイクですがレザーポーチで対応することにしました。
nanoの場合はあまりにも大きさが違いすぎるので、クランプでは対応できなかったのです。
Ipod_3   Ipodnano_pochi

 これで、やっと発売までこぎつけました。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その9 iPod用送信機をつくる2

0 comments

Posted on 20th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

 私達はその頃、ワイヤレスヘッドホン(REX-WHP1)の開発と並行してiPodに接続するための送信機開発も行っていました。ヘッドホンと同時に発表、発売する計画も進行中だったのです。

 送信機の電力をiPod本体から取るために、第3世代のiPodやiPod miniの30Pinコネクタからは3.3V最大100mA程度の電力は取り出せることを確認しました。しかし、30Pinコネクタの使用申請時Appleのエンジニアに相談しましたが、当時は内蔵バッテリのもち時間が広告では8時間なのに、3時間くらいしかもたないということで訴訟騒ぎになっていたこともあって、"absolutely not!(絶対にダメ!)"と拒絶されてしまいました。そのため、iPodからの電力に頼ることなく送信機単独で最低でも12時間もつようなバッテリを内蔵させることにしました。
 結局、バッテリはヘッドホンに採用したものと同じSONY製のLi-ion電池を採用しました。電池を内蔵させますので、当然のことですが充放電制御回路やオートシャットオフなどのファームウェアも組込む必要があります。また、第1世代、第2世代のiPodでも使用できるようにイヤホン端子から音楽信号を取り出して(ちなみに、著作権保護の観点からiPodからはデジタルで音楽は取り出せないような仕様になっています。30Pinコネクタを使用してもアナログ信号でしか取り出せません)、CDと同じ44.1KHzでサンプリングを行い、CDと同じ左右それぞれ16bitのリニアPCM信号を生成するA/Dコンバータも内蔵させる必要があります。

 それらを、iPod miniと同じサイズのプラスチック製ケース(金属製ではアンテナを外に出す必要がありますので)を作成して収納することにしました。当然、また金型作成費用が必要です。iPodの外観に合わせるため色は白、表面の仕上げも同じようにするために金型の内側にメッキを施しました。
Ipod_send_sample  2ヵ月後にできあがった、ケースの’試し打ち’サンプルを見ると、なかなか綺麗に出来上がっていました。しかし、問題はどうやって、iPodと一体化するかということでした。iPodとはAudio用のケーブル1本でつながっているだけですので、そのままでは持ちにくく、携帯性はゼロです。他社の製品のように、iPodの背面にマジックテープで貼り付けるという荒っぽくイージーな方法もありましたが、あのピカピカに磨き上げられた背面や、自分の名前やApple logoが彫刻されている上にマジックテープを貼り付けるというのは、もし私達自身がiPodのオーナーだったらと考えるとなものです。そのため、iPodと送信機を重ねてポコンとはめ込めば合体できる’クランプ’作成することにしました。

 クランプの手作り試作品を使用して、iPodを接続した送信機とヘッドホン間で送受信テストを繰り返しおこないました。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その9 iPod用送信機をつくる1

0 comments

Posted on 19th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

 今までの話のなかで詳しくは触れませんでしたが、ヘッドホンをつくるためにはデザインも重要です。
 ヘッドバンドの部分は国内メーカが特許を持っているものを使わせてもらうことにしましたが、ハウジングの部分は特別にデザインしてもらうことにしました。音量ボタンや電源ボタン、リンク状態を示すLEDや充電用ジャックの穴など、有線ヘッドホンにはない部分が多いですが、当然、すべての部品の金型を作成する必要があり、多額の費用がかかります。海外製をOEMで購入する場合と比べて、こういう部分でどんどんコストが膨れ上がってゆきます。
Rexwhp1_headband_3  Haedphone_lamp_4
 新しく出来上がった金型で’試し打ち’を行い、何個か試作品ができると音質調整や基板の機能テスト、強度試験を行いますが、ワイヤレスヘッドホンではその他に、電波状態についてもテストや調整を行う必要があります。なにしろ、人間の右側頭部から15mmから20mm離れたところに受信機のアンテナを配置しなければなりませんので、地面(大地アース)の上にアンテナを置いているのと同じようなものです。また、受信機とはいえ受信状況やいろんなステイタス、確認応答信号などを送信機に送信しなければなりませんので、受信性能だけでなく、送信性能追求しなければなりません。
 実際はヘッドホンに基板を組込んで、頭に載せてあちこちうろうろ歩き回ったり、体をくるくると回しながら、音楽が途切れたり雑音が紛れ込んだりしないかどうかということを確かめてゆきます。REX-WHP1Uの場合は送信機がPCのUSBポートに接続する形のため、送信機からの距離や方向などをいろいろ変化させながらヘッドホン内部のアンテナの位置を決めてゆきました。

 私達はその頃、ワイヤレスヘッドホン(REX-WHP1)の開発と並行してiPodに接続するための送信機開発も行っていました。ヘッドホンと同時に発表、発売する計画も進行中だったのです。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その8 髪の毛をチリチリにしないために…電池で苦労する<後編>

0 comments

Posted on 18th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

安全性電池の容量サイズ配置、さまざまな面に配慮し、REX-WHP1ヘッドホンの内蔵電池としてはLi-ion電池を採用しようということになりました。また、iPod程度の電池のもち時間(連続11時間)を実現するために、当時のiPodに内蔵されているのと同じようなサイズ(1150mAh)のLi-ion電池を採用することにしました。この電池なら、電圧も3.7Vあり、LDO(低電圧降下)タイプのレギュレータを使用すればレギュレータ自身でのロスも少なく、安定した3.3V電源が作れそうです。外形も円筒型のものもありますが、PCカードやCFカードのような大きさと厚さをした製品を採用することにしました。重量も軽く、ヘッドホンのハウジングに内蔵させるのに最適で、左右の重量やハウジングの内容積もバランスをとりやすくなります。
 Li-ion電池はこのようにいいことばかりではなく、価格の面や供給面(基本的に外形は個別の特注仕様なので、大量注文が必要)で問題があるだけでなく、使い方を誤ると発熱、発火するという大問題があります。ヘッドホンの場合、使用中に発熱して、発火したりすると、プラスチックのハウジングの変形という事故だけではなく、装着中であれば顔や耳を火傷させてしまったり、髪の毛をチリチリにしてしまう危険性があります。事故が多い充電中はACアダプタを接続しているので、頭上に装着しているケースが少ないとは言え、発火事故を起こすと大変なことになります。単なる「液漏れ」では洗えば落とせますが、火傷はそういうわけにはゆきません。

 私達のヘッドホンで採用したSONY製のLi-ion電池は、内部に過電流防止などの制御を行うICなどが組込まれており、安心して使用できますが、それでも私達が設計した基板上の充放電回路にミスがあると事故をひき起こす可能性があります。いろいろと調査したり、実験をしたり、ランニングテストを行ったり、電池メーカのアドバイスを受けたりしながら、REX-WHP1の電池まわりの基板を作成しました。この基板と電池はREX-WHP1の左側のハウジングに収納されています。
 幸い、製造以来2年半以上経過しましたが、発熱や発火事故は皆無です。昨年、世間を騒がせたPCの発火事故の後、私達も在庫品をすべてチェックし、電池メーカにも提出して調査してもらいましたが問題はありませんでした。しかし、電池は充電や放電を繰り返すと、徐々に充電してもすぐ空になるという性質(寿命?)がありますので、今後も継続して実験を続け、REX-WHP1やREX-WHP2を愛用していただいている皆様に安心してお使い続けていただけるよう、より安全にLi-ion電池を使いこなすための経験を積み重ねてゆきたいと考えています。

 電池や基板が完成すると、いよいよヘッドホンに組込んで左右のバランス高音域低音域などの音の出方を調整する「音質調整」や、落下輸送時の衝撃、ユーザの手荒い取扱に耐えるかどうかということを調べて改良するための「強度試験」が始まります。強度試験では実際に50セットほどのヘッドホンを壊して、いろいろ調べます。もちろん、ヘッドホンメーカーでこれらの調整や試験を行う前に、電気回路(基板)は完全に動作するよう、無線部分を含めて電気的に性能が出ているか検査しておく必要があります。当然ですが、検査のためには検査プログラムや、試験用の信号を出すソフトウェア試験用のファームウェア、それらの書込みプログラムなど用意するものが一杯あります。海外のワイヤレスヘッドホンメーカから完成品を購入して、ブランドを付け替えて販売するだけであれば、こういう苦労とは一切無縁ですが、それでは私達も「ものつくりの喜び」を味わえませんし、購入していただいた方にも「使う楽しみ、所有するよろこび」を味わっていただけません。
 
 ワイヤレスヘッドホン、しかも「いい音がする」ものをつくろうなどと大それたことを考えて突っ走るというのはイバラの道を突っ走っているようなものですが、出来上がった試作品のヘッドホンで、最初に自分の好きな曲がノイズもなく、期待していたような音で聴こえた時の喜びは何ものにも替えがたいものです。

 やっと音はでましたが、まだまだイバラの道は続きます。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その8 髪の毛をチリチリにしないために…電池で苦労する<前編>

0 comments

Posted on 17th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

ワイヤレスヘッドホンを文字通りワイヤレスで使えるようにするためには、受信部、DAC(デジタル通信の場合は必須)、アンプ部とそれらを動作させるための電源を供給するための電池が必要です。電池は小さくて軽く液漏れなどの事故を起こさないようなものを選定する必要があります。また、回路全体の消費電力を抑えるとともに、長時間、電池がもつように電池の容量にも注意する必要があります。本Blogでも既に述べましたが、ヘッドホンのハウジングはスピーカボックスのようなものですから、あまり大きな電池を入れるとハウジング内部の容量が減少して、オリジナル(有線接続時)の音と変わってしまいます。とりわけ、片側にのみ電池を入れるという構造ではバランスを取るのが難しくなります。それに装着した場合に左右の重さがちがうと首筋が疲れます。

 最も簡単なのは単3か単4の乾電池を2個ほど、ヘッドバンドに配置するという構造です。つまり、即頭部の左右に乾電池を1本か2本ずつ貼り付けるような感じになります。こういう構造のワイヤレスヘッドホン(赤外線方式の製品はコードレスヘッドホンと呼ばれていることが多いようです)などもありますが、ヘッドバンドの調節が難しく装着した感じがあまりよくないので採用しませんでした。また、無線方式の場合、消費電力が少ないものでも100mA程度、多いものでは300mAを超えるような場合もありますので、単4乾電池X2本では2?3時間程度、単3乾電池では3?4時間程度しか持ちません。
 乾電池と同じサイズの充電式のニッケル水素(Ni-MH)電池もデジカメ用としてポピュラーですが、単位電圧が1.2Vと低いので2本直列でも2.4Vにしかならず、ヘッドホン内部回路を動作させるための3.3Vの安定した電圧を作るためには、DC-DCコンバータでいったん5V程度に昇圧しなければなりません。このDC-DCコンバータが曲者で効率があまりよくなく、しかも自分自身でもかなりの電力を消費します。また、乾電池やNi-MH電池の場合、日本の有名ブランドの製品を使用しないと液漏れなどの事故の心配があります。実際に、ある音響メーカが販売している2.4GHzワイヤレスヘッドホンは内部で中国製のNi-MH電池(単3型)を使用していますが、「事故の恐れあり」ということで回収/交換をしていたことがあります。電池を使うのは一見簡単そうですが、子供の頃よく作ったマブチモーターと電池を使った模型工作のような感覚で電池を使っていると大変な目にあいます。

 そういうことで、REX-WHP1ヘッドホンの内蔵電池としてはLi-ion電池を採用しようということになりました。電池のもち時間(連続11時間)を実現するために、当時のiPodに内蔵されているのと同じようなサイズ(1150mAh)のLi-ion電池を採用することに決めたのです。

ワイヤレスヘッドホンをつくる その7 ケータイをつくるような技術が必要?

0 comments

Posted on 16th 4月 2007 by admin in ものつくりの現場から

 彼と実験中に、GCTという韓国系の半導体のファブレスメーカーが2.4GHzのワイヤレスでAudio Streamを流すことに特化した半導体を作っているという話を耳にしました。しかも、RFとBB(ベースバンド処理部)の2chip構成で、BB部のLSIにはプロトコル制御用のマイコン、音声CODEC用のDSP、バッファRAM、USB-Audioインターフェイス、DACやADCとのI2Sインターフェイス、さらにS/PDIF入出力まで内蔵されており、あとはファームウェア格納用のフラッシュメモリとDAC+アンプを外部に追加すればよいという話ではありませんか。これは、じっとしているわけには行きません。早速、調べてみるとシリコンバレーのサンノゼにオフィスがあり、しかも私達の会社のサンノゼオフィスのすぐ近くだということがわかりました。押しかけて行っていろいろ聞いてみると、残念ながらUSAオフィスでは別の製品を担当しており、その製品は韓国にエンジニアがいるということでしたので、韓国の方に連絡を取ってもらい、実験用の評価Kitを入手することにしました。実際にいろいろ実験を始めると、ソウルと大阪は距離も近く、相手側に日本語がぺらぺらの方がいて、ずいぶん助かりました。

 これでRFやBB部の構成も決まり、商品化への入口にやっと到達しました。あとは一瀉千里で突き進むだけ..のはずでしたが、干潟に飛び込んだようになかなか進まず、最初のワイヤレスヘッドホンREX-WHP1の発売までさらに1年半以上、苦闘が続きます。真空管アンプなら個々の部品も大きく、「音がいい」と評判の部品などを取っかえひっかえしながら、ヒアリングテストや測定を続け、実験や試作を繰り返すことができます。また、基板を使用してもパターンの線幅が太く、カッターナイフとスズメッキ線で簡単に修正することができます。
しかし、これらのRFやBB用のchipの場合は0.3mm間隔でLSIの足(端子)が並んでいたり、10mm四方のLSIの裏に、ちょうどボールペンの先くらいの大きさのハンダボールでできた足が256個、びっしりと並んでいました。また、USBの送信機をUSBフラッシュメモリと同じくらいの大きさにしたり、受信機側もヘッドホンに内蔵させるために小さく、軽くするため(ヘッドホンの左右の重量バランスを取るためには適当な重さが必要ですが)には、抵抗器やコンデンサなども小さなものを使用する必要があります。たとえば、抵抗器の大きさは0.6mmx0.8mmなどを使用せざるを得ないこともありますので、間違えるともう一度、最初から基板作成、実装(リフローラインと呼ばれるハンダ付け工程)をやりなおす必要があります。
また、オーディオアンプなどでは、高級品でもプリント基板は片面(銅箔が片側のみ)か両面で絶縁層もコストの安い紙エポキシで1.6mmくらいの厚さが、REX-Linkの場合は6層で全体の厚さが1.2mm、しかも表面からはパターンやスルーホール(各層の面上にある銅箔上の信号を接続するための貫通穴)が見えないようなブラインドスルー構造や穴埋め工法も採用せざるを得ませんでした。これらのことを考えると、携帯電話の内部の基板を開発、設計、実装する技術や設備がないとワイヤレスオーディオの製品やワイヤレスヘッドホンは実現できないということになります。幸い、私達はPCカードの開発や製造を10年以上続けていたので、小さくて軽いなものをつくるのは得意で、いろんなノウハウを持っていました。
Cr_rxb01_2   Cr_rxb02

 次に必要なのはアンテナの設計技術です。当初はワイヤレスLAN用のPCカードに搭載されているようなセラミック製のチップアンテナの適当なものを実装しておけば何とかなると安易に考えていたのですが、どうもうまくゆきません。また4層基板の銅箔でアンテナパターンを作成するという方法もありましたが、簡単には設計できそうにありませんし、実験するための測定設備やシールドルームも必要です。既存のワイヤレスヘッドホンを台湾や香港(中国)で買ってきて、自分達のブランドをつけて販売するのが、コストもかからず簡単ですが、本連載のはじめにも記載したように「自分達でつくろう」と決めた以上は後退できません。そこで、「PCカードつながり」で携帯電話用のワイヤレスモジュールを量産している大手部品メーカの研究部門RF部分やアンテナ部、基板の設計をお願いすることにしました。私達の方はDACまわりやAudio部、USBまわりを主に設計することにし、ファームウェアについてはソースコードライセンスの交渉がまとまらなかったので当面は要求仕様を出して韓国のエンジニアに修正してもらうことになりました。

 このようにしてスタートしたREX-Linkプロジェクトの第一号商品は2003年11月発売のREX-Link1でした。REX-Link1はPCのUSBポートに接続する送信機と、オーディオアンプやコンポステレオに接続する受信機のセットで、まだヘッドホンではありませんでしたが、とにかくPCワイヤレスオーディオを世に問うことができました。
 
 ここから、ワイヤレスヘッドホンREX-WHP1の発売まで、さらに1年間、解決しなければならない問題が山積していました。